• Challenge to Tomorrow

    産廃の有効利用と環境保全、ゼロエミッションを考える。

    ごあいさつ
    Greeting


    弊社は、廃プラスチック原料のマテリアルリサイクルを行っている会社です。
    このホームページをご覧になった方で、廃プラスチックに関連した環境問題に、少しでもお役に立てることがあればと思いホームページを立ち上げました。

    様々な企業様で、行われているリサイクル活動の取り組みの中に、現在、従事されているリサイクル企業・業者様もすでにあり、
    ゼロ・エミッション活動取り組んでおられ、リサイクル比率・効果も上がっていることと思います。

    そういった活動によって市場に出回っているリサイクルされた廃プラスチックは十分に環境に配慮されていると思いますが、
    本当にそうでしょうか? 

    リサイクルを行っている事自体は、限りある資源の有効活用という点では、非常に環境にやさしいものであります。

    しかし次の点で、問題があるのではないかと思われます。 リサイクルを業として行っている企業・工場自体の環境側面はどうなのでしょうか?
    弊社の知っている限りでは、実際、特定工場の、認可さえも取得されていない企業も多々あります。
    ということは、もしコスト面のみを考えて、とってつけたような建前上の環境管理をされ、環境配慮されていない企業・業者と取引されているのであれば、
    排出元企業から出た、廃プラスチックが騒音・振動・大気汚染・水質汚染の発生元となり、責任問題となる可能性があります。

    こういった点を踏まえ、タツミ合成株式会社では、継続したリサイクル活動を行う上で、コストよりもまず、本当の意味での環境を考慮した
    MATERIALRECYCLEの原点に立ち返り、また排出元企業様からの、信頼と安心感を、もってお取引いただく為に、
    自工場の環境側面等を客観的かつ、継続的に改善することを評価して頂くために 環境マネジメンシステムに取り組み、
    その結果、ISO 14001認証登録させていただき、かつ、大阪府知事登録廃棄物再生事業者になることができました。

     また、弊社の理念は、経済の情勢が悪化している中でも、お互いが負うであろう企業リスクを考慮して頂き、
    単にコストのみを追及されていない企業様とのみ、お取引をさせていただいておりますので、賛同していただけない場合は、
    お断りもさせていただいております。また、そうしないと今後、企業として生き残っていけないであろうと思われます。

     もし、弊社ホームページをご覧になった方で、現在行っている環境問題に疑問を持っておられ、
    また弊社に興味のあられることがありましたらお気軽にご連絡ください。

    会社概要
    Company

    商     号 タツミ合成株式会社
    設     立 平成4年3月6日
    資  本  金 1000万円
    代  表  者 代表取締役社長  呉本 満善
    所  在  地 八尾リサイクル工場 大阪府八尾市高砂町3-3-3 tel:0729-96-8861 fax:0729-97-3721
    泉町倉庫      大阪府八尾市泉町1-81-4
    本店        大阪府大阪市生野区小路東4-9-13
    流通センター    大阪府八尾市千塚3-128
    許  可  証 八尾市特定工場等設置許可    第2325号
    大阪府産業廃棄物再生事業者登録 登録番号 第277号
    大阪府産業廃棄物処分業許可   許可番号 2720046383     
    大阪府産業廃棄物収集運搬業許可 許可番号 2700046383
    沿革
    History
    • 1975.10
    • 1980.04
    • 1975.10
    • 1975.10
    • 2003.05
    • 1975.10
    • 1975.10
    • 1975.10
    • 1975.10
    • 1975.10
    • 1975.10
    • 1975.10

    大阪市生野区に呉本好市が個人企業タツミ合成工業所を設立。
    プラスチック原料の販売を開始する。

    奈良県葛城郡に工場を移転。

    大阪市産業廃棄物処理業の許可を受ける。

    奈良工場周辺に住宅が増加した為、大阪府八尾市上尾町に
    工場を移転。

    業務拡大に伴い流通センターを新設する。

    個人企業を法人に改め、八尾市高砂町に資本金1000万円で
    タツミ合成株式会社を設立。
    米島清実が、その事業を継承する。
    大阪府産業廃棄物処理業の許可を受ける。

    本店を大阪市生野区小路東に移転

    八尾リサイクル工場でISO 14001認証取得に向けキックオフ

    環境方針制定

    八尾リサイクル工場で
    環境マネジメントシステムISO 14001認証取得

    大阪府廃棄物再生事業者登録を受ける

    八尾市泉町に泉町倉庫新設

    社内風景
    History
    事業案内
    business

    廃プラスチック製品リサイクル事業

    Waste plastic products recycling business

    マテリアル・リサイクルを通じ、循環型社会の創造を目指す

    貴社の環境問題対策(グリーン購入等)または環境ISOの認証を得るために・・・
     弊社は安易に焼却や埋立てをする産廃業者ではなく、廃プラスチックを限りある貴重資源として、マテリアル・リサイクルを通じ、リサイクルプラスチック原料として社会に広く還元し、循環型社会の創造を目指す、ISO14001認証取得企業であり、大阪府公認の廃プラスチックの再生ペレット化まで含めた再生事業者であり、産業廃棄物許可業者です。貴社の環境問題対策に必要な廃プラスチックリサイクル処理工場に、弊社をぜひお使い下さい。

    品目は多種扱っており、発生量や種類による、分別保管方法などを事前打ち合わせの後、全国的にお引取りに伺わせていただいております。
    まずは下記お問い合わせまでお気軽にご連絡ください。

    廃プラスチック製品リサイクル事業

    Waste plastic products recycling business

    再資源化し、リサイクルプラスチック品として再び市場に還元

    廃プラスチック製品等は、原料の種類ごとに分別・破砕・押出着色加工を加え、再生原料としてリサイクル加工された後、主に国内の成型メーカーにリサイクル加工、又は、別途国内の成型メーカーにリサイクルプラスチック成型原料として納入し活用されています。

     廃プラスチックは、色別、種類別に分別された後、納入先の必要とする原料を提供しています。別途、弊社と発生事業所様との打ち合わせによって分別・破砕・着色加工をし、従来ゴミとして扱われていた、製品のロスがマテリアルリサイクルによる再資源化された、リサイクルプラスチック品として、再び市場に還元されています。また、成型加工会社で発生したロス品も、別途リサイクルペレット(造粒)加工のみでも扱っております。
     リサイクル品販売加工に対するお問い合わせは下記まで
    取り扱い品目
    product line

    mouse on

    mouse on

    mouse on

    mouse on

    mouse on

    mouse on

    アクセス
    business

    八尾リサイクル工場 大阪府八尾市高砂町3-3-3
    近鉄奈良線「若江岩田駅」より徒歩24分・「河内花園駅」より徒歩22分・「東花園駅」より徒歩28分

    方針
    policy

    環境方針

    基本理念

    タツミ合成株式会社は、廃プラスチックのマテリアルリサイクルを通じ、「産廃の有効利用と環境保全・・・ ゼロエミッションを考える」方針のもと、事業活動を継続的かつ地域環境にも配慮した環境改善を着実に推進し、廃プラスチックを貴重な資源として活用する循環型社会の創造を目指します。

    行動指針

    1.環境への影響を調査及び評価し、主要な要因を効果的に低減又は削除します。
    そのために、技術的、経済的、人為的にできるだけ可能な限りその範囲で達成すべき目的及び目標を定めます。

    2.定められた目的・目標(不適合品削減による省エネ活動・廃棄物削減)に向かうための行動計画を立案し、調査を行い、実施し、その成果を考慮して見直します。
    さらには次なる改善作業の目的を定め、継続的に環境マネジメントシステムを維持改善します。この中には、適切な環境汚染の予防活動(定常時・非定常時)を含み、関係者が日常生活を営む上でのその経験と実績を生かせるように心がけます。

    3.この環境方針を全社員に周知させ、教育により環境意識の向上を図り、ホームページ等で、一般にも公開します。

    4.環境保全に関する法規制及び当社が同意するその他の要求事項を遵守します。

    改訂2011年02月28日
    制定2002年11月01日

    タツミ合成株式会社

    代表取締役 呉本 満善

    環境方針

    基本理念

    タツミ合成株式会社は、廃プラスチックのマテリアルリサイクルを通じ、 「産廃の有効利用と環境保全・・・ ゼロエミッションを考える」方針のもと、 事業活動を継続的かつ地域環境にも配慮した環境改善を着実に推進し、 廃プラスチックを貴重な資源として活用する循環型社会の創造を目指します。

    行動指針

    1.顧客の要求事項に適合した製品を迅速に、また経済的に生産する。そのために、技術的、経済的、人為的にできるだけ可能な限りその範囲で達成すべき目的及び目標を定めます。

    2.定められた目的・目標(不適合の発生防止抑制、)を立案し、調査を行い、実施し、その成果を考慮して見直します。
    さらには次なる改善作業の目的を定め、継続的に品質マネジメントシステムを維持改善します。この中には、適切な品質不適合の予防活動を含み、関係者が日常生活を営む上でのその経験と実績を生かせるように心がけます。
    3.この品質方針を全社員に周知させ、教育により品質管理意識の向上を図ります。

    4.品質に関する法規制及び当社が同意するその他の要求事項を遵守します。

    2011年02月28日改訂

    2003年04月17日制定

    タツミ合成株式会社

    代表取締役 呉本 満善

    お問い合わせ
    inquiry

    0729-96-8861

    (受付時間 09:00〜17:00) ※土日祝除く

    0729-97-3721

    (24時間受付ております)

    webからのお問い合わせはこちらから

    ※別ウインドウでお問い合わせフォームが開きます。

    webからのお問い合わせはこちらから

    ALL Right Reserved by Tatsumi Synthetic Industry CORP